スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

去年の今日。

►2006/06/13 22:16 

去年の今日、私はスウェーデンに出発しました。

初の海外長期滞在。
っていっても、3ヶ月ですが。
不安だらけでした。出発前、3日間は準備と興奮で眠れず。
長期留学したかったけど、自分の能力じゃまだまだ無理で短期のサマーコース
だけど思い切って会社を辞めて行きました。
人生の中で一番大きな決心でした。
あの3ヶ月が人生で一番楽しかったなぁ。
もうあれから1年。。。早いです。
ってことで、思い出に一人で浸らせてください(笑)

シンガポール航空でデンマークまで行って、そこから電車でマルメに行って5日ほど
スウェーデンを旅しながら北上してUppsalaのサマーコースに参加する予定でした。
が、シンガポール空港での待ち時間に思いがけないメールがっ。。。
はなえちゃんが、オーストラリア留学中に寮のスウェーデン人の女の子を2人紹介し
てくれてスウェーデンに行く少し前からメールを交換してたんですが、そのうちの
一人(マルメ出身のベトナム系スウェーデン人)が、「マルメを通るんだったら、
私の彼氏の家に泊まったら?彼も喜ぶはずよ。もしホテルを取ってなかったら
遠慮せずに言ってね」って。
実は、アホな私は現地でホテルを探そうと思って事前にホテルの予約は
してませんでした。
シンガポールで12時間の待ち時間がある長旅だったし、コペンハーゲンに
着くのは朝7時。そう考えたら、疲れてるかも。。。と思って、お言葉に
甘えようと思ってすぐにメールをすると
「彼にはマルメ駅まで迎えに行くよう手配しといたから。サマーコースが始まる
まで私達の家に滞在するといいわ。彼の携帯番号を教えるからマルメ駅に着いたら
電話してね」ってすぐに返事が来ました。
会ったこともない人の家に、しかも、友達の彼氏の家に?!
って、心配でした。。。
マルメ駅に着いて、電話したら1時間ほどで迎えに来てくれました。
彼もベトナム系スウェーデン人です。
ほんっとにドキドキでしたよ。
マルメから車で40分ほどのところにある街からわざわざ見知らぬ私を
迎えに来てくれて大感激でした。
家に着いたら、心配なら僕の彼女に電話してとオーストラリアまで国際電話
をかけさせてくれ、ごはんも作ってくれ至れり尽くせりでした。
彼はレストラン兼クラブのオーナー。
家は、レストランの上にあって街の中心部。メッチャところでした。

レストランのオーナーというだけあって彼の料理は絶品!!!
ってことで、今日は彼の料理をご紹介。
さすがプロです。
でも、料理はレストランを始める前にちょこっとしただけって言ってましたけど。



jason1

初めて行った日に出してくれたランチ。
レストランのテラスで食べたんですが、きもちよかった~!
そして激ウマでした!!!

jason2

どーやらアヒルの肉らしいです。
「アヒルは好き?」って言われて「アヒル?!食べたことないけど。。。」って
言ったら「じゃあ挑戦だ」って言われて、出て来た料理。
ありえないおいしさです。となりのポテトも。

jason3

スウェーデンで食べた中でダントツで1位☆
たっぷりのクリームソース?の下にあるのはステーキ!
まわりのポテトも最高です!!!
ただ、これはんぱなくでかくて大食いの私でも半分しか食べれず。。。
すっごいボリュームでした。

jason5

朝ご飯に出てきたガーリックトーストとエビのスープ。
こんなのが朝から出てく来るなんて。幸せすぎでした☆

jason4

おやつに出してくれた、チョコレートケーキ&手作りプリン&アイスクリーム。
こんなうまいチョコレートケーキを食べたのは初めて!
でも、これよりもチーズケーキがうまいらしい。(本人談)
ただ、それは彼の彼女だけの特別だから作れないんだって。
う、う、うらやましぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

というわけで、、こういうおいしいものを4日間食べ続けた私はものすっごく
太りました。
夏至祭の時に、今度はPecopお姉様とまた遊びに行った時もおいしい料理ばかり
だしてくれまして、またまた太りました。
彼と一緒にカフェに行って、「これおいしいね」なんて言うと「作ったことはないけど
、試してみるよ。今度家で作るよ」と言って、パパパって同じ様なものを再現してくれる。
まさにすごいの一言でした。ってか、カフェでえ食べた物より何倍もおいしいし。
彼は料理の天才かも?!

彼にはほんっとすっごくお世話になりました。
訛りの強いスコーネ弁を話すので何言ってるか全然分からなくて、最初の
方はほんっとにコミュニケーションが取れなくて苦労しましたが。。。
彼の仕事が終わるのは毎日夜11時頃。
終わったら、夜のマルメを案内するよってことで、夜カフェやクラブに連れて
行ってくれたり、休日にはビーチに連れて行ってくれたりと、ほんっとに見ず知らず
の私にものすっごく親切にしてくれました。
愛する彼女の友達だからって言ってましたが、彼は今まで会った人の中でこんなにも
彼女のことを愛してる人がいるのか?!ってくらい彼女にメロメロでした。
彼女に会ったことはないけど、メールするだけでも、その魅力が伝わってくるステキな
女性でした。
「スウェーデン語で困った時はいつでもオーストラリアに電話してきていいのよ。」
とも言ってくれたし、ほぼ毎晩彼女の方から電話があって「困ったことはない?」
など聞いて来てくれて、私がさみしい思いをしてないか心配でオーストラリアのはなえ
ちゃんと電話させてくれたり。ほんっとにお世話になりっぱなしでした。
ってかね、自分が海外に留学中に自分が会ったことない、ただのメル友を自分の
彼氏の家に泊めるってことは私はできないなぁ。
心配だもん。


今年の夏、スウェーデンに行くのは絶対に無理なんで、これからちょこちょこ
思い出に浸るためにブログに去年の思い出を綴っていきます。
今年はそれで生き延びます(笑)

スポンサーサイト

スウェーデンComment(5)Trackback(0) | Top ▲

コメント

この人は

ラッシャーですか??
しかし、料理すごいですね!!!盛りつけも美味しそうにもりつけてるなーー。
エコカフェよりもうまそうです。
エコカフェは料理はあれでしたけど、人はいい人ばっかだったなーーー(笑)


No:582 2006/06/14 00:00 | ひろ #-URL[ 編集 ]

素敵な話を朝から読ませてもらいました :) 世の中色んな人いるけど、こうやって無条件に優しさを見せてくれる人の話を読むと、いつもなんだか和みます。そういう人が集まってくる人ということはmimaさんもそれだけ魅力的な証拠。

食べ物どれもとてもおいしそう!

私が去年行った時には、ホテルで朝食を食べるだけ食べて昼も夜も食べませんでした。というのも、独りでレストランとか入れなかったので・・(小心者、それに、みんな一人じゃないんだもん!)寂しい夏の旅、笑。

mimaさん、すごい!独りでスへ飛び出したその勇気、尊敬します。いつか大きくなって帰ってきますよ。へへ。


No:583 2006/06/14 03:45 | eriko #SFo5/nokURL[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:584 2006/06/14 21:39 | #[ 編集 ]

ひろちゃんへ

さすが、あったりー☆
噂の板前氏です(笑)今度スウェーデンに行った時はぜひぜひ味わって欲しいわ。
エコカフェねぇ、ほんっとあの店員の愛想の良さは好きなんだけど、味がねぇ。。。ひどいよねぇ。いつも「おいしかった?」って聞かれるのがきつかったけど、でも4月に店の前を通った時は満員だったよ!スウェ人の舌には合うのか?!


No:585 2006/06/14 22:18 | mima #Rdt3XBbwURL編集 ]

erikoさんへ

こんな歓迎を受けたのは、ほんっとに初めてだったからすっごく驚いたのと嬉しさでいっぱいでした。私はまだまだ魅力的なんて言葉にはほど遠いんですが、魅力的な人達に出会うとなんかパワーをもらえるような気がします。

私は一人で食べ放題でも全然ヘーキなんですが、ただ異国だとさみしいですね。。。
一人で食べ物の写真を撮ってると妙に哀愁を感じます。

いつか帰ってくるといいんですが。これからの頑張り次第で返ってくるかもなんで、がんばります!!!


No:586 2006/06/14 22:24 | mima #Rdt3XBbwURL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。